敏感な目元のニキビ跡はアイクリームで対策

ニキビ跡の種類にもよりますが、炎症のある赤みニキビにはビタミンC誘導体成文が必須です。アイクリームは敏感な目元に対応した低刺激かつ有効的な成文が配合されているので対策するには欠かせないものでしょう。
MENU

ニキビ跡に効果的な成分を分析

ニキビ跡に効果的な成文

 

ニキビ跡を消すためには、ニキビ跡の種類の見極めとそれに対応した効果的に働きかける有効成分を知ることが大切です。

 

ニキビ跡は普通のニキビケアではなかなか改善できません。それは、普段のスキンケアではニキビ跡の修復に大切な真皮層の部分でのコラーゲンの生成が出来ないからです。

 

特に凸凹のクレータータイプのニキビ跡には、有効成分の働きによるコラーゲン生成はかかせません。

 

また、赤みや色素沈着タイプのニキビ跡に大きな効果を発揮する成分もここで知っておきましょう。

 

ニキビ跡に有効な成分を知ることで、その成分が配合された化粧品を効果的に使いニキビ跡を早く修復することができます。

 

以下では、ニキビ跡の有効成分として代表的なものをご紹介します。

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンCは、化学の分野ではアスコルビン酸と呼ばれており、昔から肌に良いと言われてきました。しかし、浸透性に欠けている為、その効果を十分に発揮できません。

そこで、浸透しやすいように改良したものが、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体の効果・効能分かり易くまとめてみました。

 

  • メラニンの生成を抑制してシミ・そばかすを防ぐ (厚生労働省が認可した医薬部外品有効成分)
  • ハリ・弾力を担うコラーゲンとの関係が深い
  • 皮脂の分泌・酸化にブレーキを掛ける
  • ニキビなどによる赤みにアプローチする
  • エイジングケアをトータルにサポートする

 

このことからも赤みのある炎症ニキビ跡には効果を発揮することがわかります。

 

ビタミンC誘導体入り化粧品の注意点

 

乾燥したような突っ張り感が出る人もおられますので、ビタミンC誘導体入り化粧品の使用後には、保湿化粧品をしっかり塗りましょう。

逆に、処方内容によっては、ベタつく使用感のものもありますので、ご自身の肌に合った使い分けが必要です。
お勧めは「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」配合美容液
効果は、各ビタミンC誘導体の濃度やアイテムによって変わってきますが、あえてお勧めするならば、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS/アプレシエ)です。

 

従来のビタミンC誘導体に見られた副作用(乾燥感・突っ張り感)がほとんどない上に、肌に馴染みやすいという性質があります。

 

サラッとした美容液、もしくは、化粧水(ローション)に多く配合されています。

 

ビタミンC誘導体入り化粧品の効果的な使い方

 

紫外線が多い夏だけしか付けない、あるいは、シミやシワが目立つ所だけしか付けない、という人も結構おられますが、肌老化は部分的ではなく顔全体で総合的に推移するため、効果を生かすには、1年を通して毎日朝晩顔全体にしっかり塗ることが大切です。

 

また、ビタミンCは、ビタミンAとの相性が良いため、パルミチン酸レチノール入り化粧品やレチノイン酸トコフェリル入り化粧品と併用すれば、相乗効果が期待できます。


実はアイクリームには高濃度で低刺激な良質なビタミンC誘導体成分が満載!

アイクリームが有効的

最近は見た目年齢を左右するとしてアンチエイジングの観点でも印象を左右する目元に気を使う女性が多くなってきています。

 

その中で注目を一気に浴びている美容液ジャンルがアイクリームです。

 

実はこの目元は顔の中でも、もっとも皮膚が薄くデリケートな部分です。刺激はお肌にとっても大敵ですから、クレンジングや洗顔などでも気を使う方も多いでしょう。

 

もちろんこの絶妙な低刺激クリームもそうした刺激を考慮した設計になっており、また真皮層にまで有効的に左右する独自のビタミンC誘導体成分や浸透技術がふんだんに使用されています。

 

なので、少々価格はしますが安いニキビ跡ケアの商品に比べたら全然効果を実感出来るでしょう。


このページの先頭へ